招待状外紙(表紙)
作品No.07-1
この招待状は、白を基調にした、とても立体的な作品です。
まず、表紙には、模造パールと、クラフトパンチ「デイジーS」と「デイジーSS」で切り抜いた花が立体的に貼り付けられています。
招待状外紙用紙は「フェルトン クリーム 170kg(A-40-oi)」、赤い花は「OKミューズバナナ ブドウ 120kg(サンプル集未収録)」、白い花は「江戸古染 きぬ 100kg(サンプル集A-6)」を使用しています。

作品No.07-2
表紙を斜め後方から見た写真です。花の部分が花びらの先端に向けて上方向へカールされています。

作品No.07-3
模造パールは、3つ1セットのものを太い紐に通して貼り付けてあります。

作品No.07-4
タイトルの「Invitation」はインクジェットプリンターでプリントされています。
花は、クラフトパンチの「デイジー」と「デイジーS」で切り抜いたものを、花びらにそって上方向にカールさせて貼り付けられています。赤い、大きい方の花の中心部には、模造パールも貼り付けてあります。

パンフレット中紙
作品No.07-5
招待状を開くと、中央の折り目の部分に建物と両脇に配置された木のポップアップが飛び出してきます。このポップアップはご自分たちで加工されたものです。
ポップアップの上には新郎・新婦の連名によるあいさつ文が書かれています。
ポップアップの下は、もう1段折り畳まれていて、その折られている部分に結婚式・披露宴の日時と会場がプリントされています。
中紙用紙は「ポップセット ホワイト 103kg(サンプル集A-48の薄いもの)」です。

招待状中紙(俯瞰−1)
作品No.07-6
招待状の中身を上から俯瞰するとこのようになります。

作品No.07-7
ポップアップの下は、紙が折られていて、まず結婚式・披露宴の日時と会場が案内されています。

招待状中紙(俯瞰−2)
作品No.07-8
折られていた中紙を広げると、会場の地図と、会場へのアクセス方法がプリントされています。

作品No.07-9
会場案内の部分の拡大写真です。

招待状中紙
作品No.07-10
ポップアップを正面から見た写真です。建物と両脇に木が配置されています。
木の葉が生茂った部分は、「クラシコトレーシング霧 リーフ(サンプル集A-16)」を、クラフトパンチの「デイジーS」と「デイジーSS」で切り抜いたものが貼り付けてあります。

作品No.07-11
建物の扉は開くようになっていて、扉を開くと、底面に書かれている文字を読むことができます。

作品No.07-12
※扉を開くとこのように、底面に書かれている文字を読むことができます。「Invitation To Our Wedding」と書かれています。

材料費(材料費はすべて紹介ページ公開時の税込価格です)
用途商品名色・タイプサイズ単価備考
招待状外紙 フェルトン クリーム
170kg
招待状外紙
215×155mm
735円 サンプル集A-41(Ver.1)、P36(Ver.2)
1セット20枚入
招待状中紙 キュリアスIR(ポップセット) ホワイト
103kg
原紙
1091×788mm
315円 サンプル集A-48(Ver.1)の薄いタイプです。P14(Ver.2)
断裁 270×145mm 552円 1枚の原紙からこのサイズが20枚とれます。
封筒 封筒ボス ゆき 洋2
114×162mm
630円 サンプル集F-9(Ver.1)、P40(Ver.2)
1セット20枚入(100枚入もあります)
招待状用紙代一人分 約107円 ※封筒代含む
その他のグッズ・ツール
表紙の花(大) OKミューズバナナ ブドウ
120kg
B3
515×364mm
210円 サンプル集未収録
紙図鑑店頭在庫品
表紙の花(小) 江戸小染はな
100kg
B3
515×364mm
210円 サンプル集A-6(Ver.1)、P5(Ver.2)
紙図鑑店頭在庫品
ポップアップの花 クラシコトレーシング霧 リーフ
41kg
原紙
788×546mm
299円 サンプル集A-16(Ver.1)、P20(Ver.2)
花の型抜き スモールサイズクラフトパンチ デイジーS 525円 ポップアップ部の花の型抜き
花の型抜き スモールサイズクラフトパンチ デイジーSS 525円 ポップアップ部の花の型抜き
↑トップへ
作者のコメント
新郎&新婦

作品紹介
お庭のきれいなレストランでのウェディングパーティーの招待状です。こぢんまりとしたかわいらしい会場を立体で見せたいと思い、試行錯誤のすえ、ポップアップカードにしました。
真っ白な紙と緑のトレーシングペーパーでさわやかな感じにできたと思います。

手作りの感想
細かいところまでこだわっていたら、最初に思っていたよりもだいぶ作業が増えてしまって、毎日内職のように作っていました。
妥協しなかったぶん、なかなか良くできたので大満足です。
「細かい作業を手伝ってくれたダンナが、意外と根気強いこと」が新発見でした(笑)。

その他のコメント
やわらかい雰囲気のフォントをネットで探して購入したのですが、明朝体やゴシックなどの普通のフォントと全然感じが変わるのでおすすめです。

↑トップへ